介護ヘルパーのお仕事とは

ホームヘルパーの仕事は、支援を必要とする高齢者や、障がい者の自立を手助けするため、 身の回りの世話をすることです。
住み慣れた、自宅で暮らしたいという希望をかなえ、健康で文化的な生活をする最低限の権利を守るためにご自宅に伺い、サービスを提供します。
サービス内容は、「身体介護」「生活(家事)援助」「相談・助言」があります。


身体介護

利用者が日常生活上困難なことをホームヘルパーが援助し、自立した日常生活が送れるようサポートします。

トイレ介助

トイレの誘導から始まり、排せつの介助、下半身の洗浄や清拭、オムツ交換排泄物の処理、トイレ掃除を行います。

食事介助

利用者に合った食事を調理するとともに、食事を採る際のお手伝いをします。
嚥下困難な利用者には流動食などを用意し見守が必要です。食事前にはうがい、手洗いを励行します。

着替え介助

下着交換、パジャマ交換、外出する際の服装の交換などがあります。
その際、なるべく利用者自身に着替えをしてもらい、出来ないことだけ手伝います。

入浴介助

浴槽の掃除をしながら、利用者の着替えを用意しておきます。
利用者が入浴してからは、洗髪や体を洗ったりします。

身だしなみの介助

洗顔や歯磨き、髪のお手入れ、髭剃り等をお手伝いします。

投薬の介助

投薬を確認するとともに、服薬の管理をします。又、飲み忘れないか注意します。

体位変換

自分で動けない利用者は床ずれしてしまうため、体位の変換をします。

付き添い介助

外出時のつきそい、病院などの送迎、買い物などに付き添い介助を行います。

利用者が清潔にすることを心がけましょう。また、常に救急時の対応も考えておくことが必要です。


生活援助

住居の掃除

利用者の承諾を得て、トイレ、風呂場、キッチン、寝室などの掃除をします。 こちらの判断で勝手に掃除せず、必ず利用者の許可をいただいておかなければなりません。

食事介助

施設などで決められたメニュー以外は利用者の意見を聞いてから調理します。 食事の配膳、片付け、洗い物をします。

洗濯

利用者の汚れ物の洗濯をします。また、アイロンをかけたり衣服の綻びを繕ったりすることもあります。 衣服の整理なども心がけましょう。

買い物の代行

利用者に頼まれた品物の買い物をします。代金は利用者から預かりますので必ず買い物のレシートを渡すようにしましょう。

その他

ごみ出し、布団のシーツ交換、病院での薬の受け取り代行など、日常生活の援助をします。


相談・助言

利用者と関わる場合、生活や介護について相談されたら助言・アドバイスをします。
利用者から相談されたホームヘルパーが助言するためには、日頃からコミュニケーションを大切にして信頼関係を築いていくことが重要です。
また、問題点があった場合は自分一人で解決しようとせず、他のスタッフに相談しましょう。


介護ヘルパーの一日

介護ヘルパーの一日